お宝マップ・ヴィジョンボードについて

お宝マップはヴィジョンボードとも言って、ヴィジュアル型願い事リストのようなものです。

叶えたい夢や望む未来を表す写真やイラストを、一枚のボードにコラージュして作っていきます。 作り終えたボードはいつも見えるところに飾っても良いし、クローゼットに閉まっておいても大丈夫。 そして作るタイミングも、作りたくなった時でOKの、夢を叶えるツールの一つです。 楽しい作業なので、是非気軽にトライしてみてください。

 

◆ 春分お宝マップとは?

春分お宝マップは牡羊座新月の日に作ります。 間違いやすいのですが、春分の日ではありませんので、ご注意くださいね。 この日に作るとなぜ良いかというと、牡羊座の新月は太陽の力が一番強まる時なので、その強力パワーで願い事を叶えやすくしていこうということなのです。 新月が始まってから、48時間が作成タイムになります。 時間制限がありますので、都合がなかなかつかない場合は、材料だけでも先に用意しておくと良いと思います。

 

 

 

 

◆ お宝マップの材料・作り方

 

<用意するもの>

・台紙(ポスターボード・イラストボードなど)

・望む未来や叶えたい夢を視覚的に表している切抜きや写真

・はさみ

・スティックのり

 

ポスターボード・イラストボードなどと呼ばれる厚み2mmほどのスチレンボードや板紙の表面に紙が貼ってある素材を用意します。 画材屋、文房具屋、ネットなどで購入できます。

イラストボードが手に入らない時には、大判の板目紙(ボール紙)やコルクボード、スケッチブックなどでもOKですが、少し厚みのある紙の方が、扱いやすくきれいに仕上がります。

 

 

大きさは、「魂の願い 新月のソウルメイキング」によると、56cm×71cm(新聞見開き大)を推奨していますが、A3やB4などお好きなサイズで大丈夫です。 ただし、いざ作り始めて、貼り付けるスペースが足りなくなった・・・なんてことのないように、事前に実現したい夢がいくつくらいあるかをメモ書きにし、その状態を表すには、切り抜きが何枚くらい必要かを考えておきましょう。

 

 

 

続いて、コラージュ素材となる切り抜きを準備します。

 

雑誌・通販カタログ・絵葉書などから、未来に手に入れたいものや叶えたい夢を視覚的に表している写真を切り抜いておきます。 リアルな方が良いので、写真がお薦めですが、もしも自分の理想にぴったりならイラストでも大丈夫です。 その他、雑誌からの切り抜き以外に自分で撮った写真やネットから印刷したもの、自分で描いた絵などでもOKです。

 

この段階では、使えそうと思ったものを、ただただ集めるだけにしておいて、切り抜きの選別はしないでおきます。 

 

そして牡羊座の新月当日に改めて眺めて、ピンときたものを選び出して貼っていきましょう。 用意したボードに余すことなく貼り付けて、望む未来図を完成させていきます。 出来上がって、全体を見た時に、わくわく感があったらOK!

 

最後に注意点ですが、他人を変えよう・動かそうという願いごとではなく、自分に関する願いごとだけにしてくださいね。 

 

それでは楽しく作って、願い事を叶えていきましょう♪