タロットについて

 

タロットカードは、一般的には1組78枚で、その内訳は、1から10までの数札と4枚の人物札それぞれ4スート計56枚の小アルカナと、寓意画が描かれた22枚の大アルカナになります。

 

カードの種類は数多くありますが、現在「ライダー・ウェイト・タロット(ウェイト版)」系と「マルセイユ・タロット(マルセイユ版)」系の二つに大きく分けられます。

 

「ライダー・ウェイト・タロット」は、世界的に特に有名なタロットカードで、78枚が全て絵札となっています。アーサー・E・ウェイトの監修で、パメラ・コールマン・スミスという画家によって描かれ、1909年にイギリスのロンドンで出版されました。

「マルセイユ・タロット」は、小アルカナ56枚がトランプの様に数札となっており、歴史が古く、16~18世紀頃ヨーロッパで大量に生産され、伝統的に使用されてきました。

他には、「ヴィスコンティ」「ゴールデン」「エッティラ(エティヤ)」「トート」「カモワン」「JJ」「サルバドール・ダリ」「和尚禅」などなど、時代や場所、テーマやデザインも大きく異なり、バラエティに富んでいるのでコレクターも多く存在します。

 

 タロットマンダラ

 

カモワンタロットの22枚の大アルカナを、下図のように並べた形を「タロットマンダラ」と言います。 マンダラとは本質を得るというサンスクリット語ですが、タロットマンダラは左下の愚者が進む「魂の成長と進化の旅」の地図となっています。 1.手品師~7.戦車の一段目は人間の世界、8.正義~14.節制の二段目は天使の世界、15.悪魔~21.世界の三段目は神々の世界を現しています。